nannsyuudenn.BMP (1248248 バイト)  

新西郷南洲伝(上)
彷徨える日本人よ、西郷隆盛を知れ
稲垣秀哉著
西郷南洲は征韓論争、そして西南戦争に敗れた。そんな彼を、司馬遼太郎は鬱状態の失敗者と捉え、海音寺潮五郎は純真な心に流された情の人と捉えた。果たしてそうだろうか。彼西郷南洲には、一貫した哲学が、己の信じる道があった。彼こそは日本というものを体現する男であった。

西郷南洲を、征韓論へ西南戦争へと突き進ませたものは何だったのか?
この本には答えがある。

B5判564頁
2100円(税込み)