『入来文書』が教える
         日本の封建時代の歴史

清貧とも言うべき山村入来村に650年続いた入来の人々のつつましくも礼儀正しい対応が目に浮かびます。

『貞子の語る 入来文書』
入来院 貞子著
四六判 292頁 上製本 定価:本体2000円+税

著者は不慮の事故により昨年5月急逝されました。ご主人が一年忌に合わせて出版いたしました。