技術士が調査した
新聞の実態と改革への期待

三田 和朗著 1500円(税別) 

社会に貢献できる新聞とは!
社会的影響力を持つ新聞が文明の利器により存続が危ぶまれる。今後読者に愛され生き残る為には、なにを是正し読者にどのような紙面を提供すればよいのか?

国立情報学研究所が、日本の論文と一緒に大学図書館の蔵書として検索リストに掲載しています。
 この図書出版後に、ある全国紙で「押し紙の廃止」がおこなわれ、3年後に朝日新聞が「誤報の検証」をはじめました。
 本著は、いずれも正すべきと主張しています。