国際理解の四重奏

宮澤眞一著 208ページ 1680円(税込)

本書は国際理解の体験的物語である。

著者は大学で英文学を学び教えて、半世紀近い。
海外で英文自筆日記・書簡の発掘と判読を繰り返した。図書館アーカイブス、遺族や研究者との国際理解の進化プロセスを内外の作家、(アーサーシモンズ)、外交官(アーネスト・サトウ、バーリンゲイム)、宣教師(S,ウェルズ・ウイリアムズ)、文人画家(魯迅、バーリンゲイム)、6名で紹介する。