人間文庫1・鹿児島純心女子短期大学

人間論集『斜光の風景』

濱里忠宜著 A5判 定価2.100円 本体2000円+税

滋味あふれる人間論

 回り道にこそ広がる豊かな人生の風景。絶望が希望を孕む時間の不思議。斜めからの光を当ててみれば、その翳 かげりを通して真実が見えてくる。滋味あふれる斜光の人間論である。
 ドイツ哲学を学び、フランスのモラリストに魅せられつつ、日本の俳句に惹かれる…。教育論を口にせず、教育の意味を語りかける。その著者が、哲学的時間論を踏まえて記す人生の澪標 みおつくし。
 松 井 春 満(奈良女子大学名誉教授・歌人)



序 章  沈黙の詠唱
1章  人間の哀しみ  
斜光の翳り     
2章  逆説と道化    時間性の文脈 
3章  幻の人間論   永遠の寂寥 
4章  わが写経人たち
星群れの記憶